メッセージ

メッセージ

 

 

新しい時代への幕開け 

   次なる発展に向けて!

  

 

謹賀新年

 

災害多発~対策・2次補正・31年度税制改正・予算

2019年 新たな年を皆様健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は、地震、豪雨、台風など全国各地で大きな自然災害が相次ぎました。浜松においても、台風24号による被害、停電など、多くの市民の皆様がご苦労されたことと存じます。

昨今の地球環境のドラスティックな変化、そして電力、道路、河川など国民の皆様の暮らし、産業活動に欠くことのできないインフラ整備の重要さを改めて認識した一年でもありました。

昨年末の48日間に亘る第197回臨時国会においては、公立小中学校の全教室にエアコン設置、災害対策、TPP対策などの平成30年度補正予算、入管法改正、漁業法改正、日・EU・EPA条約など、重要法案を成立させることができました。

併せて年内にかけて、与党として平成31年度税制改正・予算編成の審議も行いました。税制については、経済への影響力が大きい、自動車、住宅に1670億円の減税対策を新たに設けました。予算については、本年10月予定の消費税率10%への引き上げに伴う景気対策を柱としています。また防災・減災、国土強靭化については、喫緊の課題としてスピード感を持って進める必要があるため、平成30年度補正予算、さらに3カ年の緊急対策として、臨時・特例措置も活用しながら、約7兆円規模の対策を取りまとめました。

次なる時代にさらに力強く、希望にあふれる日本を切り拓くため、本年も引き続き政府・与党の総力を挙げて取り組んでまいります。

 

新たな発展へ・スタートの年

本年は、皇位継承という歴史の大きな節目を迎えます。誇りと活力ある日本を次なる時代へ引き継ぐ皇位の継承を、国民の皆で寿ぎ、新たな出発のための一年としなければなりません。

 極端な少子高齢化と人口減少という厳しい現実を抱える日本は、予測不能で混迷を極める世界情勢の下、第4次産業革命が社会経済に大きな変革をもたらす時代の転換期を迎えています。

 その大事な時期に、我が国は本年G20の初めての議長国となり、課題山積する国際情勢の舵取り役として、安倍総理のリーダーシップに大きな期待がかかっています。一方、これも初の日本開催となるラグビーワールドカップは、来年の東京オリンピック・パラリンピックへの弾みとなるよう大いに盛り上げていく必要があります。さらに新たに2025年大阪万博の誘致も決まりました。それらの国際的ビッグイベントは、各々を成功に導くことだけがゴールではなく、その後の発展に繋げることが肝要であり、本年はそのスタートのための重要な一年となります。

第二次安倍政権発足後六年を超え、安定政権として多くの実績を作ってきました。歴史の転換点に臨む外交、人生100年時代にふさわしい全世代型の社会保障制度の構築、地方創生の更なる充実・強化など、引き続き安倍総理を先頭に精力的に課題解決に取り組んでまいる覚悟です。

 

統一地方選そして参議院選へ

 本年は、春の統一地方選挙、夏の参議院選挙と大きな選挙が続きます。国・地方における安定した政治を実現させ、国民の皆様とともに、誇りある、世界をリードする日本を創ってまいります。本年も、一層のご理解とご支援を賜りますとともに、皆様にとって素晴らしい一年となりますことを心より祈念いたします。

 

 

                            平成31年新春

 

                              

 

ページのトップへ