メッセージ

メッセージ

 

 

危機を乗り越え、新しい未来への出発の年に

 

◆謹賀新年

新たな年の幕開けを、皆様方には希望あふれる一年にしたいとの思いでお迎えになられたことと存じます。昨年は、新型コロナウイルスという全人類最大の課題に、全世界が挑む一年でした。政府・与党一丸となって、3度の補正予算を編成し、感染の拡大防止策と経済対策を次々と実施しました。「感染拡大防止と社会経済活動の両立」が基本戦略である中、その最適解を見つけ出すことに模索しながら、政務に取り組んでまいりました。令和3年という新たな年が、いわゆるコロナ禍の克服と反転攻勢の年となるよう、そして、国民が安全と安心を取り戻せる一年となるよう、与党しての責任を果たしていかなければなりません。

◆デジタル化とカーボンニュートラル

昨年は、7年8カ月に亘る安倍政権に代わり、菅政権が始動するという、政治の場においても大きな変化がありました。新たにスタートした菅政権は、安倍政権の継承を掲げつつ、デジタル化の加速、2050年カーボンニュートラル実現等、新しい施策を次々表明しました。わが国社会のデジタル化の推進は、国民生活や経済社会における利便性の向上であり、今般のコロナ禍によって明らかになった、わが国社会の脆弱性を克服する上でも不可欠です。AI、IoTはじめ新たな技術の導入は、単なる省力化(労働代替)ではなく、新たな需要・雇用を生み出す新しいメカニズムを創出することが発展の礎となります。

またもう一つの大きなチャレンジが「2050年カーボンニュートラル実現」です。カーボンリサイクルなど革新的なイノベ―ションの促進、グリーン投資の更なる普及等により、環境と経済の好循環を創造してまいります。

◆ポストコロナ時代を切り拓く

新型コロナウイルスの出現によって世界は一変しました。コロナ以前と以後で、社会、国民の生活、経済構造が大きく変わる中、新たな成長戦略、地方創生のキーはイノベーションと農業政策だと確信しています。浜松には、その潜在能力を活かし、更なる発展につなげるチャンスがたくさんあります。変容する世界を見据え、このコロナ禍を乗り越え、未来社会への道筋を示すことが、政治の最大の責務です。浜松からの声を国政に届け、国民や企業の前向きな取り組みを全力で後押ししてまいります。

本年も皆様方のご指導・ご鞭撻の程、切にお願い申し上げます。

                               令和3年新春

 

                                      

  

ページのトップへ