活動日誌 Blog

地元活動

  • 地元活動

浜松エール飯 応援しています!!

浜松市民80万人のテイクアウトプロジェクト, 浜松エール飯ロングバージョン が間もなく始まります。
市内の飲食店さんからのお弁当・お惣菜が松菱跡地に集まって販売されるそうです。
私もお弁当生活が続いていますが、ぜひ浜松の美味しいもの!を求めて、楽しみに伺いたいと思います。
準備、運営を進めている関係者、参加者の皆さんの頑張りにエール!!
3月27日(土)OPEN です。
是非、お出かけ頂き、市内飲食店の応援をお願い致します。

  • 国会

【週末色々~農業をめぐる議論等】

週末は、卒業式や少しずつ増えてきた各種会合等でご挨拶させて頂きました。
 
街頭演説も春の日差しの中、行えるようになりました。
 
地元浜松の農業者の方々との勉強会では、スマート農業、農地集約への課題のご指摘など頂きつつ、新規就農者も含め熱心に農業に取り組んでいる様子に大いに刺激を受けました。
 
撮って頂いたスマホの画素数が素晴らしく!!
 
本日も、静岡JAグループの皆様との意見交換会があり、長引くコロナ禍への的確な支援が必要となる一方、ポストコロナ時代を見据え「地産地消」、「田園回帰」など農林水産業の好機を迎えていることも実感しています。
 
静岡県には、日本一の農業王国となるポテンシャルがあります。
 
“移住希望地ランキング1位”も大きな追い風となることでしょう。
 
そのためにも、人の流れ、モノの流れが変わる今こそ、大きく舵を切る必要があります。
 
国も輸出5兆円、またカーボンニュートラルを意識した「みどりの食料システム戦略」という新たな目標に挑もうとしています。
 
試行錯誤することもたくさんあるでしょうが、現場の声を大事にしつつ、新たな時代にふさわしい農業政策を確立してまいります。
 
昨日のホワイトデー。需要減となっている花関係者の手助けになれば、と私もお花を贈りました。
 
本日上京し、今週もコロナ対応、農業、AI、科学技術、外交安保等など、様々な課題に取り組んでまいります。