活動日誌 Blog

国会

  • 国会

学校給食に国産農林水産物を!

補正予算に「国産農林水産物等販売促進緊急対策」として1400億円を計上しています。
 
新型コロナウイルスの影響で、ホテル、飲食店等で使われなくなった国産の食材を給食のメニューとして活用する仕組みです。学校が再開し、給食の再開も目前となった静岡県内においても、この予算の活用で、国産食材の価値、地産地消、フードロスについて等、子供たちに食育を学んでもらう機会にもして頂きたいと思います。
 
添付の新聞記事にあるように、既に宮崎県では宮崎牛のビーフストロガノフが給食メニューとなったそうです。
 
対象となる食材は、コロナの影響で需要減となっている国産食材ですが、静岡県においても、肉、うなぎ、メロン、イチゴ、魚等様々な食材による新たなメニューが考えられることでしょう。
 
各自治体、教育委員会、また栄養教諭さん等には、是非浜松独自、静岡県独自のメニュー作りで、学校再開とともに子供たちの笑顔がさらに増えるよう取り組んで頂きたいと存じます。