活動日誌 Blog

地元活動

  • 国会

学校給食に国産農林水産物を!

補正予算に「国産農林水産物等販売促進緊急対策」として1400億円を計上しています。
 
新型コロナウイルスの影響で、ホテル、飲食店等で使われなくなった国産の食材を給食のメニューとして活用する仕組みです。学校が再開し、給食の再開も目前となった静岡県内においても、この予算の活用で、国産食材の価値、地産地消、フードロスについて等、子供たちに食育を学んでもらう機会にもして頂きたいと思います。
 
添付の新聞記事にあるように、既に宮崎県では宮崎牛のビーフストロガノフが給食メニューとなったそうです。
 
対象となる食材は、コロナの影響で需要減となっている国産食材ですが、静岡県においても、肉、うなぎ、メロン、イチゴ、魚等様々な食材による新たなメニューが考えられることでしょう。
 
各自治体、教育委員会、また栄養教諭さん等には、是非浜松独自、静岡県独自のメニュー作りで、学校再開とともに子供たちの笑顔がさらに増えるよう取り組んで頂きたいと存じます。
 

  • 国会

5月3日

5月3日、本来でしたら「浜松まつり」の初日です。
法被姿にラッパの奏で、そして“オイショ”の掛け声もない、静かな3日間をお迎えのことと存じます。
初子の誕生を地域全体でお祝いする浜松まつり。中止は残念ですが、多くの皆様が、改めてこの地域に根付いた祭の重要さと意義について、思いを強くされたことと思います。
最近、浜松市内で流行っているという、まつり手拭いによる手作りマスクで、私も来年の更なる盛り上がりに向けて、思いを馳せます。
 
そして本日は、憲法記念日。新型コロナウイルス感染症という国難に直面した今、改めて国民の命と暮らしを守るための国家のあり方について、深く考えています。
引き続き、立法府としての責務を果たしてまいる覚悟です。