活動日誌 Blog

国会

  • 国会

1都3県に緊急事態宣言

1都3県に緊急事態宣言が発出されました。

国民の皆様に不安と制約を強いる状況であることに忸怩たる思いがあります。

あらゆる措置を講じる必要がありますが、まずは水際対策。自民党として、ビジネストラックも含め即入国禁止措置をすべきだという申し入れを既に政府に行っておりますが、未だ改善されない状況に我々も引き続き声を上げていかねばなりません。

さらに医療現場の崩壊を防ぐため、公立病院から民間も含め、医療体制の集約を早急に対応すべきです。病床数、人口呼吸器等医療機器数は世界有数であるわが国は、医療機関が連携してその資源を有効活用し、逼迫する現場への人的・物的支援、さらなる病床確保が必要です。政府としてコロナ患者受入れの病院には、一病床900万円~1950万円の支援等医療提供体制パッケージを決定しています。

在宅診療も含め、既に多くの医療関係者が最前線でご尽力頂いていますが、要請権限のある都道府県には医療機関と協力して受入れ病床拡充へのさらなる努力をして頂きたいと存じます。また未だ受入れ医療機関・従事者への風評被害があるという不条理な状況を打破しなければなりません。国民の皆様のご理解を切にお願い申し上げます。

今回の宣言下では飲食店への時短営業要請が主な施策となりました。対象店舗への補償がセットであることは必要不可欠であり、かつ飲食店のみならず、卸・流通等関係業者への支援も必要です。雇用調整助成金の特例措置の延長、無利子融資の延長、さらには持続化給付金、家賃支援補助金等有効性のある施策を進めていかなくてはなりません。

緊急の経済対策が必要であり、引き続き、自民党としてしっかり政府に提言してまいります。

世界中が今冬、人との接触を減らし、感染症を抑えることに全力を注いでいます。

我々政治がそのための責任を果たすことはもちろんのこと、自治体、国民の皆様が危機感を共有し各々のやるべきこと、やれることを果たしていくことで収束を目指してまいりましょう。