活動日誌 Blog

国会

  • 国会

「休業支援金」申請開始

新型コロナウイルス禍で、休業したにも関わらず、勤務先から休業手当が支払われない方々向けの新たな制度「休業支援金」の受付が、本日7月10日より始まりました。
 
〇対象:令和2年4月1日~9月30日までの間に事業主の指示を受けて休業した中小企業の労働者で、休業手当の支払いがなかった方
 
〇支援金:休業前の平均賃金の8割×各月の日数
 
*上限33万円
 
*各月の日数は土日も含めて最大30日or31日
 
(5月を1カ月休めば31日分になります。)
 
出勤した日数、労働者の事情で休んだ日数、また有給休暇を取った日数は除きます。
 
〇申請方法:7月10日より郵送 (オンライン申請については準備中)
 
*これまで休業した分まとめてでも、今後一カ月ごとでも申請できます。
 
〇必要書類:①申請書
 
②事業主の指示による休業であること等を示す書類
 
事業主署名が必要だが、得られなければ空欄でも可
 
③本人確認書類(免許証、マイナンバーカード等)
 
④通帳コピー等
 
⑤休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの
 
*申請書類はハローワークや厚生労働書のHPからも取得できます。 https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
 
本来でしたら、労働基準法に従い、事業主の方々には従業員に休業手当を払って頂くようお願いします。解雇なしで休業手当を払った場合は、雇用調整助成金で100%助成するよう拡充しています。(上限15000円)
 
今回は、非常事態であり、経営体力が弱い事業主の状況に配慮し、新たな個人給付制度を創設しました。個人でも申請しやすく書類等は簡素化しています。
 
是非、ご活用ください。
※画像は申請書の記入見本です。