活動日誌 Blog

国会

  • 国会

秋季入学制度検討WT初会合

自民党の秋季入学制度検討WT初会合開催。私もメンバーとして、議論に参加しています。
 
GW中、過去の議論の経緯も含め、9月入学に関する資料を精読しました。
 
グローバル化に合わせることは重要ですが、9月始期の米欧とアジア始めそうではない国、またアフターコロナには変化するであろうグローバル化の定義等も考慮しながら考えていく必要があると思います。
 
子どもたちの“学びの保障“を最優先した上で、メリット・デメリットはもちろんのこと、学校現場、さらに社会システム全体に関わる課題として総合的に検討しなければなりません。
大きなポイントとしては、前倒しの9月入学と半年留年を意味する9月入学では大きな違いがあることです。
 
これまで自民党が議論してきた9月入学は、昨今の子供の成長具合に合わせて、半年前倒しする考え方でした。今回、一気にやろうとする場合、1年生に6歳~7歳5カ月の子供がいるという年齢差が生じます。コロナの混乱で、他の学年に比べて過剰に人数が多く、結果的に将来に及ぶまで不利益を被る学年を作ってはなりません。一方、現在4月2日~4月1日生まれを1学年とするシステムを、1カ月ずつ学年調整する場合、5年間かかります。
 
9月入学が実現すれば、問題が解決し、子供たちの学習環境が一気に向上するかのような論調は危険です。子供たちにとって最良の方法を検討していかなくてはなりません。
その一方で、我々の国民性を鑑み、このような時が社会システムを大きく変革するタイミングとなり得ることも理解できますし、そのような意見も多く出ました。
 
学びの保障を考える上で、今現在、学校を再開した地域もある一方で、オンライン授業等を実施している学校は5%に過ぎない(公立)との報告もありました。2度に亘る補正予算で学校のICT環境を整える予算を多額につけています。一人一台PC整備は、私が文科大臣時代から強く訴えてきた政策でもあり、思い入れがあります。しかしながら、各地域の自治体、教育委員会、そして現場の学校・先生方が本気にならなければ、子供たちのところには届きません。昨日も文科省の担当者より自治体向けに緊急の整備をお願いする気合の入った説明会を開催したと聞いています。今は非常時であり、ICTやオンラインを十二分に活用した上で、それでもやはり学校に行って、授業を受けたい、友達と会いたい、スポーツや音楽を頑張りたい・・・という子供たちの思いを一
日も早く叶えられるよう努力してまいります。
 
“学びの保障”、子供たちが安心して学べる環境を整えることが我々の責務であり、このWTで真摯にかつ然るべきスピード感を持って議論してまいります。