活動日誌 Blog

国会

  • 国会

「和牛遺伝資源の流通等に関する専門検討PT」取りまとめ

昨年の和牛の受精卵等の国外への流出未遂事件を受け、

自民党「和牛遺伝資源の流通等に関する専門検討PT」にて、

徹底的な議論を行ってきました。

かなり専門的なテーマでありましたが、

その結果、生産、流通、利用面等における様々な課題、法改正、予算措置が

求められる課題を整理でき、本日対応策を取りまとめることが出来ました。

人口減少と国際化の流れの中で、農産物への付加価値が求められる時代、

和牛は世界最高の品質であり、国内・地域の関係者の相互協力により

長い年月をかけて改良したわが国固有の貴重な財産です。

そういった認識の下、また厳しいルール作りが必要との声を受け、

PTでは和牛遺伝資源の適正な流通管理の徹底に向け、

包括的かつ効果的な対応策を講ずるよう農水省に求める内容となっています。

本対策が着実に実行されるよう引き続き強い関心を持って活動してまいります。