活動日誌 Blog

国会

  • 国会

「農福連携」推進へ

農業分野における障害者の活躍は、「農福連携」という取組みとして、近年様々な地域で実践されています。

障害者の皆さんに農業で活躍してもらい、自信や生きがいを持って社会参画して頂くとともに、

農業の新たな働き手の確保にもつながる取り組みであり、

自民党としても積極的に推進すべき政策と考えています。
先般、政府においても省庁横断の会議である農福連携推進会議が立ち上がりましたが、

本日は、自民党の農林厚生労働の関係調査会・部会等の合同会議を開催し、

農福連携の最前線でご活躍の皆様からヒアリングを行いました。

浜松からも京丸園㈱の鈴木社長にお出で頂き、90歳から10代まで働ける農園づくりをコンセプトに、

多様な世代、多様な働き方により農業のあり方を変えていきたい、

との力強い取り組みについてのお話を伺いました。
農林と厚労の合同会議という珍しい形態の会議となりましたが、

「農福連携」をキーワードに地方創生も実現している様々な現場の声を聞き、

わが党としても取り組みの後押しをしていく思いを強くしました。