活動日誌 Blog

国会

  • 国会

EdTech議連「未来の教室」視察

第4次産業革命時代のテクノロジーを用いた
新たな「学びの社会システム」の構築を目指し、
日頃より、私が会長を務めるEdTech推進議員連盟にて
議論を重ねております。
本日は、経済産業省「未来の教室」実証事業を行っている
千代田区立麹町中学校の取り組みを
議連メンバーとともに見学させて頂きました。
㈱COMPASSが提供するQubenaというタブレットを使い
AIソフトを活用している数学の授業では、
中学1年生が各自のタブレットにて、
ゲームのように次々と問題に解答していました。
先生は黒板の前で授業をするのではなく、
各生徒の学習の進捗状況をコンピューター上で確認しつつ、
随時質問に答えたり、指導をするという従来とは違うスタイルの教室風景です。
知識のインプットが圧倒的に時間短縮される上、
生徒それぞれの習熟度に沿った学びができるため、
結果的に学力向上につながっているとのことです。
また中学2年生の、数学の知識を使ってドローンを操作する
ワークショップを見学しました。
3人一組でプログラミング操作にて、ドローンを左右斜め、
回転させたり、思い思いに飛ばします。
我々もプログラミング操作を体験。
大人も大声を挙げて盛り上がる大変楽しい授業でした。
このような新しい教室のスタイルを全国に広げられるよう
引き続きEdTechの推進に努めてまいります。