活動日誌 Blog

国会

  • 国会

グローバル・ファーマーズ・プロジェクト

農産物輸出促進対策委員会では、”輸出途上国”日本が何から取り組むべきか、を
精力的に議論してまいりました。
静岡県の緑茶、クラウンメロンの生産・輸出に取り組む方々も含め、
これまで様々な事業者よりヒアリングを実施しました。
その結果、日本の食が世界中からニーズがあるということを確信すると同時に、
輸出への情報不足、規制、事業者同士のマッチング等課題整理が出来ました。
そこで本委員会では、輸出に本気で取り組む生産者を
”グローバル・ファーマー”として登録し、コミュニティ化することで、
ワンストップで全ての情報が集まる仕組みづくりを構築し、重点的な支援と併せて、
2019年1兆円目標の輸出促進実現を目指す提言を取りまとめました。
それがグローバル・ファーマー・プロジェクトです。
農家の所得増大、稼ぐ農林水産業のための一つの成功例となるべく
支援していくための体制を整えたいと思います。