活動日誌 Blog

2020年12月

  • 国会

農林・食料戦略調査会

本日は、今年最後となる農林・食料戦略調査会を開催しました。本年は、新型コロナウイルス感染拡大という非常事態において、通常国会、臨時国会に向けた法案検討、三度に亘る補正予算編成、来年度予算・税制、各種価格決定など、本当に目まぐるしい一年でした。
本年も多数の会議を重ね、先生方には地元・関係者の声を反映して頂きながら、様々な取り組みをまとめることができました。新たな年に向けた予算には、コロナ禍でも揺るがない生産基盤の確立、農業現場でのスマート農業・DXの推進、2030年輸出5兆円目標の実現に向けた輸出力強化と高付加価値化など等…日本の農業を更に発展させるための施策をたくさん盛り込みました。早期に予算化し、現場に届けるために、引き続き努力してまいります。

  • 国会

「日本学術会議の改革に向けた提言」申し入れ

「日本学術会議の改革に向けた提言」を、本日井上大臣に申し入れしました。精力的に議論にご参加頂いたPTメンバー、講師として貴重なご意見頂いた数々の有識者の皆様はじめ関係各位に、座長として心より感謝申し上げます。
PTとしては、日本学術会議のあり方を検証することで、アカデミアが持つ「真理の探究」
の機能を未来社会の構築にどう活かすかという視点で議論を重ねてまいりました。
アカデミアと政治が協働して政策実現に努めることで、わが国の科学技術力を世界最高水準に高め、国民の幸福の実現を果たしていくことが大事だと思っています。
日本学術会議に求められる役割、組織のあり方、提言機能の強化、財政基盤等を主な論点として取りまとめました。自民党としては、引き続き、日本学術会議にも自己改革を期待しつつ、政府に改革の実行を求めていく所存です。
*今日のNHKニュースでも取り上げて頂きました。