活動日誌 Blog

2019年11月

  • その他

中曽根康弘先生ご逝去

中曽根康弘先生のご逝去の報に接し、心から哀悼の意を表します。
戦後日本のリーダーとして、また生涯政治家として、世界の動きを見据え、
わが国の進むべき道を指し示して頂きました。
亡き父の同世代の政治家として、また戦中高校時代を過ごされた静岡高校の大先輩として、
大所高所からのご指導を賜りましたことに改めて感謝申し上げます。
私が文部科学大臣就任時、その頃は90代でしたが、お祝いの宴を設けて頂きました。
中曽根先生自らシャンソンを唄う美声をご披露頂き、楽しい酒宴となりたしたことは貴重な思い出です。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/710690.html

  • 国会

セルロースナノファイバー活用推進議員連盟

先日開催された東京モーターショー2019は、トヨタが市販予定車ではなく、
未来の街並みをブース展示する等、”OPEN FUTURE”のキャッチフレーズにふさわしい
新しい話題が多く、多くの来場者で賑わっていました。
その中でも注目を集めていたのが、環境省の「NCVプロジェクト」による
”木から創った未来の車”のお披露目でした。
植物由来の次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)を活用し、
軽量化にチャレンジした、環境にも優しい次世代エコカーです。
その斬新なデザインからも、4年がかりの研究の成果をCNFの可能性として、
シンボリックに世論に示すことが出来たことは大変有意義でした。
本日は、私が会長を務めるセルロースナノファイバー活用推進議員連盟を開催し、
モーターショーの様子なども再び拝見しながら、
取り組みの現状や来年度予算要求等について議論しました。
林業~化学~ものづくりへと異分野連携により実現する、
またSDGsの理念にもふさわしいCNF素材の活用を、
オールジャパン体制で進めるべく、我々議員連盟も引き続きしっかり応援してまいります。