活動日誌 Blog

2019年9月

  • 国会

コソボ サチ大統領来日

外交関係樹立10周年を機に、コソボのサチ大統領が来日されており、
日・コソボ友好議員連盟会長としてお迎えさせて頂きました。
コソボは、90年代のコソボ紛争、その後の国連暫定行政を経て、
2008年に独立した、人口185万人の新しい国です。
私自身も2014年8月に初めてコソボを訪問しました。
大変親日家が多く、また若さと活力、そして熱意に満ちたコソボの方々に
感激しました。
わが国は、西バルカン地域の平和と安定のカギとなるコソボとの関係を重視しており、
今後在コソボ大使館の開設やコソボへの更なる投資の呼び込みが期待されています。
私も友好議員連盟会長として、両国の更なる友好関係促進のため努力してまいります。
 

  • 地元活動

「塩谷立君と明日の日本を語る会」

9月2日、残暑厳しい中、「塩谷立君と明日の日本を語る会」には
多くの皆様にお出でいただき、また地元ならではの温かい激励を賜りましたこと、
心より感謝申し上げます。
またこの度、新たに後援会長をお引き受け頂いた
岸田勝彦会長(元ヤマハ㈱会長)も皆様にご紹介させて頂きました。
一部セミナーでは「イノベーションで令和の時代を切り拓く」との演題で、
内閣官房イノベーション総括官 赤石浩一氏にご講演いただきました。
日本の明るい未来の展望が見えるお話は、
ご来場の皆様にも大変刺激になったことと存じます。
人口減少、国際情勢、技術革新等で社会基盤が大きく変化する中、
「令和」の時代にふさわしい新しい国家像を示し、
いかに人生100年時代を生き抜くか。。。。
わが国の更なる発展と国民の皆様の安心のため、
しっかりと政治の役割を果たしてまいる覚悟です。
引き続きのご指導よろしくお願い申し上げます。