活動日誌 Blog

2019年5月

  • その他

「世界智能大会」開幕式

先週は、中国に出張し、自民党AI本部長として天津市で開催された
「世界智能大会」開幕式で、スピーチの機会を頂きました。
私からは、AI本部や日本政府の取り組みを紹介しながら、わが国において
 
◆全ての国民のAIリテラシーの向上を目指していること
◆日本の誇る質の高いデータとAIを融合した研究開発において競争力を確保していくこと
◆「人間中心のAI社会」を目指すためのAI原則の策定
 
等について話をしました。
 
習近平国家主席からのメッセージにもありましたが、
中国は2030年までに官民一体でAI分野での世界一を目指しています。
北京、経済の中心である天津、都市開発モデルである雄安新区を視察し、
まさに世界最速のスピードでイノベーションを進めている現場を目の当たりにしました。
わが国が目指すSociety5.0もスーパーシティーも実装化されている現実に、
国際競争における日本の厳しい立ち位置を改めて実感した次第です。
 
大変有意義な視察の成果を今後のわが国の戦略に活かす取り組みをしてまいります。

  • 国会

「農林水産物輸出拡大のための食品安全行政の強化PT」設立

この度、「農林水産物輸出拡大のための食品安全行政の強化PT」を設立し、

私が座長に就任致しました。
わが国の農産品輸出1兆円目標達成が視野に入る中、

更なる輸出拡大へ向け、事業者のための効率的な輸出体制の整備が不可欠です。

一方、輸出先国の食品安全規制に対して、国内認証手続きの遅れや、

国際交渉の遅れ等一体的かつ戦略的な対応ができておらず、大きな障害となっています。

人員不足の問題か、農林水産省・厚生労働省の連携の問題か。。。。。

グローバル市場において、食品安全行政にも迅速化はじめ新たな対応が求められます。

日本の食料品の品質の高さ、衛生基準の高さは世界の市場で勝負する上で、

大きな付加価値となります。

課題を明確にし、新たな農政時代に見合う対応策を議論する”攻めのPT”を運営してまいります。