活動日誌 Blog

2015年9月

  • 国会

平和安全法制可決・成立

大禁足(国会に駆けつけられるような状況にいること)が続いた今週の国会。

先程、参議院にて平和安全法制が可決・成立しました。

国民の平和と領土を守るために必要不可欠な法律であり、

衆参各100時間を超える審議時間を経て成立したことを意義深く認識しています。

一方、国の安全保障の観点から、各党がもう少し歩み寄り、混乱なく採決できることが望ましかったとも思います。

我が国の抑止力を高め、戦争をしないための法整備であるとのことを、引き続き国民の皆様にご理解頂くよう

努力していく所存です。


  • 国会

火山対策特別委員会

国会では平和安全法制の議論が大詰めとなる中、

本日は委員長を務める火山対策特別委員会を開催しました。

先般視察した箱根山については、噴火警戒レベルの引き下げが行われ、

地元の再興に弾みがつくものと思われます。

また今週月曜日に噴火した阿蘇山についての説明聴取も受けました。

幸い人的被害はなく、地元選出の先生からは寧ろ風評被害への懸念が強く示されました。

噴火警戒レベルの発表に際しては、迅速であることに加え、

具体的かつ正しい情報共有が必要だという点を指摘させて頂きました。

引き続き、火山国としての難しい課題に、政府と協力のもと必要な対応を取ってまいる所存です。