活動日誌 Blog

2014年3月

  • その他

富士山議連

本日、「美しい富士山を創り守る議員の会」(通称:富士山議連)が発足しました。

昨年の世界文化遺産登録により、日本人の宝である富士山が、

世界共通の宝となったことは大変喜ばしいことであります。

しかしながら現在、富士山は登山者の急増、ごみ問題等環境面等から

大きな問題を抱えています。

一方、富士山の存在を世界にアピールする、観光面との兼ね合いも課題であります。

今後富士山の普遍的価値を保存し、後世に伝えていくため、国の立場で

必要な支援活動を推進すべく当議連が設立されました。

会長には細田博之先生にご就任頂きました。

関係各所と連携、また富士山世界文化遺産登録の意義を共有しながら、

美しい富士山を守るべく活動していく所存です。


  • その他

科学技術・イノベーション戦略調査会

昨日は、私が会長を務める党科学技術・イノベーション戦略調査会にて、

いわゆる「STAP細胞」を巡る一連の問題について議論を行いました。

今回の件については、関係各所で調査中の段階ですが、

研究開発法人の新しいあり方について議論をしている矢先でもあっただけに、

大変残念なことでもあります。


いづれにしても、今日の議論も受け、しっかりとした調査、厳正なる対処をしつつ、

我が国の科学技術の将来に向け、新たな一歩となるように努めていきたいと思います。


また午後には、3時間の本会議終了後、「袴田巌死刑囚救護議員連盟」を再始動し、

新たに会長に就任しました。
新たな証拠等も開示される中で、司法の判断は尊重しつつも、

ご家族始め多くの支援者の方々の想いが伝わるよう、議員連盟としても行動していきたいと思います。